ガン保険で陥る2つの間違い

家計を見直そう

今回はガン保険を選ぶ際に起こる2つの間違いについてお伝えしていきます。

 

ガン保険CMってよくやっていますよね?

 

もしがんになったら・・・

確かにかかる治療費など大きなお金が必要になります。

 

その備えとしてガン保険に多くの人が入っているのですが、ほとんどの人が知らぬまま損をしてしまっていることをあなたは知っているでしょうか??

 

がんになるかもしれないし、多くのお金がもらえるのであれば損することはないのでは?

 

と思うかもしれませんが、ガン保険の中にも様々なタイプが出ており、

正しく選ばないと100万円近く損してしまうのです。

 

なので今回は誰もが知らぬ間に陥ってしまうガン保険の間違いについてお伝えしていきます。

 

間違い1 入院・手術の補償は必要ない

 

ガンになると多額のお金がかかるので、ガン保険には手厚い保障が付いている場合がほとんどです。

 

代表例は入院した日数に対しての費用や手術内容に対して費用を出してくれます。

 

ですが、実はこれらの補償は実際には一切必要ありません!!!

 

なぜなら、実際にガンになっても使えないからです。

 

どういうことかと言うと、

実際にガンになったと考えてみてほしいのですが、

 

もしガンになったら、その時点で多くのお金が必要となるわけです。

その際に、確かに入院とか手術のお金が出るのは助かるのですが、

そもそもそんな余裕があるでしょうか?

 

実際にはがんと分かったら、治療内容やかかる費用に対して不安が膨れ上がっていくと思います。

 

そんな時に、

何日入院したら保険がいくら出る・・・?

 

だとか

 

どんな手術であればいくら保証してもらえる・・・?

 

なんて冷静に考えていられるでしょうか??

 

そんなことないですよね!?

 

つまりがんになった時には、こういった補償は実際には使えない(効果を発揮しない)のです。

 

実際にガンになった時には、「精神的に安定な状態」を作らないといけません。

 

ガンの補償には診断一時金を使う

 

ではどんな補償が必要かというと、

 

「診断一時金」

 

という補償が必要になります。

 

これはどういった補償かというと、

診断された瞬間にお金がもらえる

というものです。

 

これであれば、入院日数や治療内容がなんであれ、診断された瞬間にお金が下りるので、

高い治療をスグに選んで、治療にかかれます。

 

このようにガンになったらすぐに精神的に安定した状態を作ると言うことが、本当の意味での補償としてはすごく大切なのです。

 

このように本当に必要な補償だけ選択肢、入院や手術の補償を外すことで、保険料は大幅に下げる事ができるのです!!

 

間違い2 医療保険と一緒に入ってはいけない

さらに、ガン保険は多くの場合、医療保険と一緒に入ってしまっていますが、

これは絶対にしてはいけません。

 

なぜなら、保険料が高くなってしまうからです。

 

例えば、医療保険として3000円で入っていたので、ガン保険をつけることで+1500円になって、4500円払うとします。

 

ガン保険に1500円のプラスだけであれば安いと思うかもしれませんが、それはあくまでその保険会社の中での話です。

 

いろんなガン保険の商品の中には、同じ補償でも払った保険料がすべて返ってくる!というものまで存在します。

 

つまり「掛け捨てではないガン保険」ですね!!

 

そういったタイプのガン保険であれば、払ったお金が返ってくるのでそもそも追加で払わなくても良かった!

となるのです。

 

毎月1500円、年間で18000円を毎年ムダに払いたくないですよね!?

 

なので、必ず医療保険とは別で契約をしてください。

 

いかがだったでしょうか!?

ガン保険のイメージ今回の記事で少し変わったのではないでしょうか!?

 

ガン保険の事ももっと知りたいという方は、お問い合わせからご質問ください。

 

まとめ

・ガン保険では、入院と手術の補償に入ってはいけない

・本当に必要な補償は診断一時金で精神的に安定した状態を作って、高い治療を選べる状態をつくる事である

・ガン保険は医療保険と一緒に契約すると高くなる。