ガン保険で陥る2つの間違い

家計を見直そう

今回はガン保険についてお伝えしていきます。

 

最近ガン保険のCMってよくやっていますよね?

 

もしがんになったら・・・

確かにかかる治療費など大きなお金が必要になります。

 

その備えとしてガン保険に多くの人が入っているのですが、実はそのほとんどが損をしていることをあなたはご存知ですか??

 

将来がんになるかもしれないし、保険に入ってて補償をもらえるなら損することはないのでは?

 

と思うかもしれませんが、ガン保険の中にも様々なタイプがあり、

正しく選ばないと100万円近く損してしまうのです!!

 

なので今回は、ガン保険を見分るための考え方についてお伝えしていきます。

 

間違い① 入院・手術の補償は必要ない

ガン保険を考える時、まず「なった時にどんな補償を受けられるのか」を知る必要があります。

 

もしガンと宣告されれば、入院することがほとんどですし、手術の可能性も高いです。

 

なので、ガン保険の商品には、

  • 何日入院したらいくら出る

だとか

  • こういった手術をすればにはいくら出る

といった補償が基本的に入っています。

 

が、実はこの入院や手術の補償は、そもそもガンの補償として全く必要がないのです!!!

 

なぜなら、実際にガンになっても、これらは「大した効果を発揮しないから」です。

 

どういうことかというと、

まずあなたやあなたの大切な人に「ガンが見つかった」と仮定して考えてみてほしいのですが、

 

もしガンになったら、その時点で多くのお金が必要と判明するわけです。

 

入院や手術もそうですが、それ以外にも通院や高い薬代も必要になってきます。

 

治療費としても100万円以上かかることも想定しないといけません。

 

そんな状況下で、本当に入院や手術の補償で治療費を賄えるのでしょうか??

そもそもそんな余裕があるでしょうか?

 

だって実際にガンが見つかると、治療内容やかかる費用に対して、本人や周りの人に不安が膨れ上がっていきます。

 

そんな時に、

  • 何日入院したら保険がいくら出る・・・?

だとか

  • どんな手術であればいくら補償してもらえる・・・?

 

なんて冷静に考えていられるでしょうか??

 

仮定で考えてみても難しいですよね!?

 

つまり、がんになった時というのは、そもそもそんな治療内容や入ってくるお金のことなんて考えてられないのです!!

 

では何が必要かというと、ガンになった時に一番必要なのは、まず治療に専念するための「精神的安定な状態」を作らないといけません。

 

ガンの補償には診断一時金を使う

 

この「精神的安定な状態」とは、どういうことかというと、

「入院日数や治療内容の事を考えなくてもいい状態」をつくる必要があるのです。

 

これは、ガン保険でいうどんな補償かというと

「診断一時金」

という補償がこれにあたります。

 

診断一時金とは、

診断された瞬間(治療内容に関係なく)にお金がもらえる

という補償です。

 

これであれば、入院日数や治療内容がなんであれ、診断された瞬間に100万円とか200万円といった「まとまったお金」がスグに下りるので、高い治療をスグに選べます。

 

これであればお金の不安をせずに治療に専念できますよね!?

 

このようにガンの治療には高額な治療費がかるので必ず「精神的に安定した状態を作る」ことが必要なのです!!

 

でもガン保険の中には、この「診断一時金」が入っていない商品も多く存在します。

 

コレを知らないがゆえに、実際にガンが見つかっても「不安なまま治療する」ことになってしまい、治るものも治らないのです!!

 

なので必ずガン保険を考えるときは必ず「診断一時金」がついているかを確認してください。

 

逆に言うと「ガン保険」に関しては「診断一時金」さえあれば充分なので、他の補償は外す事ができます。

 

なので本当に必要な補償だけ選択し、必要ない補償を外す事で保険料は大幅に下げる事ができます!!

 

間違い② 医療保険と一緒に入ってはいけない

さらに、もう一つの間違いは「医療保険と一緒に入ってしまう」ということです。

 

これも絶対に一緒にしてはいけません。

なぜなら「保険料が高くなってしまうから」です。

 

例えば、医療保険だけで3,000円で入っていたのが、さらにガン保険をつけることで+1500円になって、4,500円払うとします。

 

ガン保険に「1,500円のプラスだけであれば安い」と思うかもしれませんが、それはあくまで「その保険会社の中での話」です。

 

いろんなガン保険の商品の中には「同じ補償でも払った保険料がすべて返ってくる」というものまで存在します!!

 

つまり「掛け捨てではないガン保険」ですね!!

 

掛け捨てではないので、払ったお金はすべて返ってきます。

「1,500円のプラスだけであれば安い」と思ったかもしれませんが、正しく知ればそもそも1円も損せずに補償をしてもらうことも可能なのです!!

 

毎月1,500円、年間で18,000円を毎年ムダに払いたくないですよね!?

 

なので、必ず医療保険とガン保険は「別で契約」をしてください。

 

いかがだったでしょうか!?

CMで流れているガン保険のイメージが少し変わったのでないでしょうか??

 

ガン保険も積み重ねて払うと大きな出費になっていきますので、正しく知って選んでくださいね(^^)

 

「掛け捨てではないガン保険」の事ももっと知りたいという方は、お問い合わせからご質問ください。

 

まとめ

  • ガンの治療に必要なのは、高い治療をスグに選べるように「精神的安定な状態をつくる」ことが大切

 

  • ガン保険では入院保障や手術補償は外して、「診断一時金」という補償にだけ入る事で保険料を下げられる。

 

  • ガン保険は必ず医療保険とは別で契約し、「掛け捨てではないガン保険」を選んだ方がいい。