投資信託を銀行に相談してはいけない3つの理由

賢く増やそう

今回は投資信託を銀行(証券会社含む)に相談してはいけない理由についてお伝えしていきます。

 

あなたも一度は投資信託っていいのかな?と考えたことがあると思います。

 

「ちょっと話を聞いてみたいな」と思うと、まず思い浮かぶのが銀行や証券会社ではないでしょうか?

 

たしかに銀行にいけば、企業にお勤めのファイナンシャルプランナーさん(企業系FP)が投資信託を丁寧に教えてくれます。

 

が、実はこれ!!

誰もがやってしまう間違いなのです!!

 

今回は「なぜこれが間違いなのか?」についてお伝えしていきます。

理由1 会社の売りたい商品を売られてしまう(内容が難しい)

 

まずあなたが銀行の窓口に行くと、普段とは違う投資信託専用の「無料相談窓口」に案内されます。

 

そして、奥から投資信託の担当の方が挨拶をしてくれ、銀行にある投資信託の商品の説明をしてもらえます。

 

しかし、ここで知っておいてほしいことは、どれだけ素敵な商品説明をされても、結局自分では判断ができないということです。

 

なぜなら銀行側とあなたには大きな知識差が存在するからです。

 

これは普段の買い物ではこんな事にはなりません。

 

例えば、普段の生活における高額な買い物として、家電量販店に行ったとすると・・・

 

家電量販店でも、もちろん無料でいろんな商品を丁寧に説明してくれます。

 

ですが、ここで大切なのは実際に家電を買う時には必ず「あなたの判断で購入している」という点です。

 

いろんな説明からもちろん販売員の言うことも重要なのですが、実際には、自分の使いたい機能や内容を知ってから、あくまで自分が使いやすいかを考えて買いますよね!?

 

ですが、銀行に相談に行くとコレができません!!

 

例えばあなたが銀行の窓口に行っても、たとえ丁寧に説明されたとしても用語が難し過ぎて理解できません。

 

家電のように自分の使いやすいように判断したいのですが、

 

結局「よく分からない」となってしまい、提案された商品を購入してしまいます。

 

もちろん、銀行員の方にもノルマがあるので、自社で売らないといけない商品を提案してきます。

 

つまり、まず窓口に行ってしまったら、結局自分では判断できずに「担当者を信じて契約するしかない」のです。

 

理由2 他社の商品を知らない(物理的に難しい)

では、担当者の人は絶対にいい商品を提案してくれるのか?

というと、もちろんそんなことはありません。

 

なぜなら、銀行で販売できる投資信託の商品は、限られているからです。

 

銀行に相談に行けば確かに会社の中での良い商品は紹介してくれますが、少し別の銀行を見てみれば、もっと良い商品が存在するのです!!

 

ですが、もちろん相談に行った銀行で、別の銀行の商品を比較することはできません。

 

たとえ、他社の商品を見れたとしても・・・

 

実は投資信託は6,000以上もの商品が存在します。

 

なので、そもそも窓口担当者が1人で6,000もの商品から良いものを選ぶということ自体が物理的に不可能なのです!

 

これも一般の買い物である家電に置き換えれば、こんなことにはなりません。

 

例えば、家電量販店に行けば担当者は1人ではなく、各メーカーの担当者に同時にその場で聞くことができます。

 

あなたも家電量販店でいろんな服装の定員を見た事があるかと思いますが、家電量販店で違う服を着ている人がいるのはその理由です。

 

なので、あなたがこんな機能がついたものはないのかな?となれば、スグにその場でいろんなメーカーから比較検討ができます。

 

ですが、銀行や証券会社ではコレができません!

 

なぜなら銀行や証券会社で扱える商品は決まっており、基本的に担当者が1人で対応になってしまっているからです。

 

つまり、相談に行った銀行によって、何を提案されるかはその担当者次第になってしまうという事なのです。

理由3 長期的に関係性が作れない

そして、最後の3つ目の理由・・・

 

これが一番大きな問題ですが、「担当してくれた方が転勤をしてしまう」ということです!

 

もちろん会社にもよりますが、担当者はだいたい3~5年で転勤してしまいます。

 

これまでお伝えした通り投資信託は、

 

契約するにも商品が難しいから、担当者を信じるしかない・・・

他社とも比較検討ができないので、行った銀行の担当者で提案内容が決まる・・・

 

という、担当者を信じるしか方法がない状況であるにも関わらず、その担当者はいずれいなくなってしまうのです!!!

 

もちろん担当者が居なくなっても契約は残ります。

今あなたにもし

「投資信託のことはよく分からなかったけど、すごく信頼できる担当者ができた!」

となっていたとしも、5年もすれば、その人はいなくなり、契約だけが残ってしまいます。

 

自分では判断できずに、人任せに契約するしかないのにも関わらず、任せた人が居なくなってしまう・・・。

 

これでは元も子もないですよね!?

 

つまり、この3つの理由が存在する限り、

銀行に投資信託を相談することは、そもそも「構造的に難しい」ということなのです!!

 

それでもあなたは、

やっぱり投資信託は難しいし、「担当者がいい人だったらいいか」と思うかもしれません・・・。

 

ですが、決してそんな風に考えないでください。

 

なぜなら、これが家電のような買い物であれば、もし買い間違えたとしても数万円で済む話ですが、投資信託はそういうわけにはいきません!!

 

買い間違えると数十万~数百万円の損をする可能性があるのです!!!

 

数百万円の損となれば、あなたの人生を傾けると言っても過言ではありません!

 

あなたの大切なお金をそんな構造のせいで損するワケにはいきませんよね!?

 

なので、投資信託は絶対に「人任せにはしてはいけない」のです!

 

ではどうするかというと、「自分で判断できるように事前に準備する」ということです!

実は投資信託は、正しく知れば誰でも自分で判断できるようになります!!

 

自分で判断できるようにさえなってしまえば、今後どこの銀行に相談に行ったとしても自分で好きなように判断できるようになるのです(^^)

 

自分で判断できるようになる方法を知りたい方は、お問い合わせよりご連絡くださいm(__)m

 

 

いかがだったでしょうか?

 

投資信託を相談しようと思うと、どうしても身近にある窓口に行ってしまうと思います。

 

ですが無料で安心に見える窓口でも、先に行ってしまうと、あなたが自分にあったものを選ぶのは、「構造的にできない」のです。

 

あなたの大切なお金を自分で守れるように、自分で判断できるようになっていきましょう!!

 

まとめ

  • 銀行に相談に行っても、内容が難しく、担当者にノルマもあるので会社の売りたい商品を売られてしまう。(理由1)

 

  • 銀行に相談に行っても、提案される商品に制限があり、他社の商品と比較検討ができない。(理由2)

 

  • 担当者任せに契約をしても、担当者は転勤して居なくなってしまう。(理由3)

 

  • つまり、投資信託は絶対に「人任せ」にしてはいけない!!