クレカを選ぶ3つの基準!?

安全に貯めよう

今回はクレジットカードについてお伝えしていきます。

 

あなたもクレジットカードは普段から使っていると思いますが、ポイントは活用できていますか!?

 

実はクレジットカードは賢く選ばないと、生涯で50万円以上の差が出るのです!!

 

なので、今回はクレジットカードを選ぶ3つの基準についてお伝えしていきます。

 

基準1 年会費がかからないものを選ぼう

クレジットカードの中には、カードを持つだけで費用が掛かってしまうものがあります。

 

もちろん年会費がかかる事で得られるメリットがあったりもするのですが、基本的に年会費がかからないものを選びましょう。

 

なぜなら年会費がかかってしまうと、ポイントが貯まっても結局年会費で消えてしまうからです。

 

せっかくコツコツ貯めたポイントがカードの年会費で消えてしまったら意味ないですよね!?

 

なので初めの基準として、カードの年会費がかかっていないかを確認してください。

 

基準2 還元率が高いものを選びましょう

基準の2つ目は還元率の高さです。

 

還元率とは、名前の通り還元される(戻ってくる)割合の事です。

 

なので、還元率が高いという事は、カードを使う事で貯まるポイントが多いという事です。

 

現在出回っているクレカの還元率はだいたい0.5%が一般的です。

 

ですが、カードの中には還元率1%を超えるものも存在します。

 

ということは、普通のカードであれば5000円分返ってくるものが、良いカードであれば1万円分が返ってくるということなんです!

 

2倍の差があるって大きいですよね!!

 

なので、クレカを選ぶ際には還元率を1%以上のカードを選んでください。

 

これが基準の2つ目です。

 

基準3 使い勝手が良いカードを選びましょう

そして最後の3つ目は、「使い勝手が良いか」です。

 

カードの使い勝手が良いとはどういうことかというと、

 

・ポイントが貯まりやすく

・貯まったポイントが使いやすい

・貯まったポイントがなくならない

 

という3つの条件がそろっていることです。

 

一つ目のポイントの貯まりやすいというのは、

例えば

100円で1ポイント貯まるカードもあれば、1000円で10ポイント貯まるカードものもあります。

 

両方とも1%が貯まるようになっているのですが、1000円で10ポイント貯まる方は、999円の買い物であれば、ポイントが一切付きません。

 

でも100円で1ポイントの方は999円の買い物でも9ポイントがつくのです。

 

なので、ポイントの貯まりやすさは、

「金額がいかに少額でもポイントが貯まるのか」

という所がポイントになります。

 

また2つ目の貯まったポイントの使いやすさには

100ポイントを1円で使えるものもあれば、1000ポイントで10円として使えるものもあります。

 

例えば、1000ポイントで10円であれば、1000ポイント貯まるまでカードを使わないといけません。

 

なので、貯まったポイントの使いやすさは、

「ポイントがいかに少額でも使えるのか」

という所がポイントになります。

 

そして3つ目の貯まったポイントがなくならないか

というのは、

 

クレカで貯まったポイントには基本的に有効期限というものが存在します。

 

だいたい1年とか2年とかで設定されている場合が多いのですが、

この期限を知らないまま使っていくと、知らぬ間にせっかく貯めたポイントが無くなっていたとなってしまいます。

 

ですが、クレカの中には貯まったポイントがずっと無くならない

つまり、「有効期限がない」というカードも存在するので、そういったカードであれば貯まったポイントを忘れていてもいつでも使うことができます。

 

もしこれらの使い勝手が悪いと・・・

・ポイントの為にあといくら使ったら・・・

 

だとか

 

・ポイントの有効期限のために早く使わないと・・・

などとポイントに振り回された生活をしないといけなくなります。

 

そんな生活したくないですよね!?

 

なので、今回の基準をもとに、一度カードを見直してみてください。

※良いクレカについては、別の記事でお伝えしていきます。

 

まとめ

・クレカは年会費がかからないものを選ぼう

・クレカは還元率1%以上のものを選ぼう

・クレカは使い勝手が良いものを選ぼう