車の保険を安く契約する方法

家計を見直そう

 

今回は車の保険を安く契約する方法についてお伝えしていきます。

 

車を持っている方であれば、誰もが安くしたいなと思っているのが、この「保険料」だと思います。

 

よくCMなどでやっていますが、いろんな会社の中から安いものを選ぶのはなかなか難しいですよね!?

 

なので、今回は安くするために知っておかないといけないことについてお伝えしていきます。

 

自動車保険はディーラーから契約してはいけない

 

 

まず車の保険の契約というと、多いのは

「車を買ったときに横にある窓口に案内されてそのまま契約する」

 

というのが一般的です。

 

流れは、車の購入という100万円以上の買い物でテンションが上がっている状態で、

毎月1万円ほどの保険料の契約の話をされるので、

金額的に「そんなに気にしないまま契約してしまう」

といった感じです。

 

ですが、実はコレ一番やってはいけない契約方法なのです!!

なぜなら、保険料が高くなってしまうからです。

 

代理店で契約すると保険料が高くなる理由

 

そもそも車の保険の契約には2種類あります。

 

一つは、先ほどのような車を買った所で契約する「代理店型」です。

 

名前の通り、代理店(店舗)があるので窓口で安心して契約できるというのが一番のメリットです。

 

もう一つは店舗を持たない「ダイレクト型」です。

こちらは代理店を通さずに直接契約するのでダイレクトなんですが、代理店という店舗やそこで働く人件費がかからないので、安く契約できる。

というのが大きなメリットです!!

 

同じ保障でもまずこの選択を間違えると、数万円の損をしてしまうので、気をつけないといけないです。

 

でも代理店型とダイレクト型って保障内容は同じでもサポートも同じなの?

と思われる方もいるかもしれませんが、基本的にはサポートも変わりません。

 

ダイレクト型の保険会社に入っていて、事故にあってもしっかりサポートしてもらえますし、逆に代理店で契約していても、担当者によって対応が悪かったとなる場合もあります。

 

なので、契約はダイレクト型をオススメします。

 

 

長期契約は高くなる

車の保険でもよくあるのが、契約が3年などの長期の契約についてです。

 

生命保険や火災保険などの契約は基本的に

「長期の契約の方が安くなる」

というものなのですが、車の保険は違います。

 

例えば、3年で契約したものよりも1年更新で契約したほうが結局安くなる場合がほとんどです。

 

なので必ず契約が1年で更新できるタイプかを確認しておいてください。

 

 

いかがだったでしょうか??

 

車の保険でも今回のポイントを守って頂くだけでも、同じ補償を安くすることができますので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ

・ディーラーから契約すると高くなってしまう

・同じ保障でも「ダイレクト型」を選ぶと安くなる

・契約は必ず1年更新にしないと高くなる