学資保険に入ってはいけない2つの理由

安全に貯めよう

今回は学資保険にはいってはいけない理由についてお話していきます。

 

あなたは学資保険と聞くと、なんとなく良いものだよね?と思うのではないでしょうか?

 

実際に学資保険は「良いイメージの保険商品」として昔から長く愛されている商品の一つです。

 

何故かというと、学資保険の商品によっては、入れたお金が倍になった!!

 

というものまであったので、バブル期の世代の方々からは「学資保険=良い商品」というイメージを持っておられるかもしれません。

 

がしかし今は、時代も変わってしまい、全くそんな良い商品ではなくなってしまったのをご存知でしょうか?

 

今は学資保険に入っても少ししか増えない、

さらに中には学資保険に入る事で資産が減ってしまうものまで存在するのです。

 

なので今回はまず学資保険ってそもそも何者なのか?という所から

正しく理解していきましょう。

 

学資保険の仕組みは少し増えて返ってくる。

学資保険というのは、その名の通り、学資=子供の学費の為の保険です。

 

学費で最もお金がかかるのはやはり大学なので、多くの学資保険は大学の費用を貯めるために入ります。

 

仕組みとしては、

 

毎月貯めていったものを保険会社が少しづつ増やしていってくれて、18年後(子供が大学に行くタイミング)で少し増えて返ってくるという

非常にシンプルな仕組みです。

 

少し増えて返ってくるのであれば、銀行で貯めるよりはいいですよね!!

 

銀行での利率がだいたい0.001%なのに対して、保険会社では1%近くあります。

※保険会社によって利率は違います。

 

なので単純に、銀行で貯めるより1000倍はいいですねとなります。

 

がしかし、実はこのシンプルな仕組みの裏に2つの落とし穴が隠されているのです。

 

この2つの落とし穴を知らないがゆえに学資保険に入ってしまい、損している人がほとんどなのです。

 

学資保険の落とし穴①:いらない保障がついている

まず一つ目の落とし穴は、要らない保障がついてくるという事です。

 

学資保険には、先ほどの基本の仕組みに加えてほとんどの場合、いらない保障が付いてきます。

 

要らない保障の代表例は、死亡保障と医療保障です。

 

まずこの死亡保障というのはお子さんが亡くなった時に降りる保障のことなんですが・・・

これは本当に必要でしょうか?

 

お子さんが亡くなると確かに短期的にお葬式代の費用は必要になりますが、今後お子さんのためにお金が必要になることってないですよね!?

 

つまり、今後お子さんのために残そうと用意しているお金(学費の用意)がある方は、わざわざ死病保障をつけなくていいのです。

ちなみに、お子さんの死亡保障をつけたい場合は、別の生命保険に入る方が安くなります。※生命保険については○○の記事をご覧ください。

 

さらに、医療保障です。

確かにお子さんのケガとかが心配なので、一緒に保障が付いていた方が安心となるのですが、これも一緒に入ってはいけません。

 

なぜなら医療保険は、保障が途中で終わってしまう保険に入ってしまうと、ほとんどの場合損をしてしまうからです。

 

どういうことかというと、

医療保険というのは、入院リスクに対しての保障なので、保険に入るタイミングの年齢が高ければ高いほど、保険料も高くなります。

※医療保険の仕組みについては○○の記事をご覧ください。

 

つまり、お子さんが医療保険に入る年齢が若ければ若いタイミングの方が保険料は安く済みます。

 

ですが、学資保険で一緒に医療保険に入ってしまった場合は18歳のタイミングで一度保障が終わり、再度18歳のタイミングで医療保険に入り直さないといけません。

ということは、18歳の年齢の入院リスクになるので、高い保険に入り直さないといけないという事です。

 

これはすごくもったいない事です。

 

なので医療保険に入るなら、その若いタイミング(保険料が安いタイミング)で保障が終わらない保険に入るのが一番安くつく方法なのです。

 

これが学資保険に入ってはいけない2つの落とし穴の1つ目です。

 

そして2つ目、

学資保険の落とし穴②:もっと増えやすいものがある

 

2つ目は・・・もっと増えやすいものがある

ということです。

先ほども出てきたようにはあくまで学資保険の目的は貯金する、

長期的にお金を少し増やしておいて後で使えるようにする。

 

ということですよね!?

 

ということは、学資保険以外にもこの目的を達成できるものであれば、比較できますよね!?

 

実際、学資保険で増やしたとしても、増えるのはせいぜい110%

つまり入れた保険料が100万円であれば、それが110万円になって返ってくる程度です。

+10万円の得ですね。

 

ですが、保険の中にはこれが150%、200%になるものもあります。

※増える保険の仕組みについては○○をご覧ください。

 

なので、増やすという目的であれば、わざわざ学資保険を選ぶ必要がないというのが真実なのです。

 

 

このように、学資保険というもの自体は

そもそも子供の学費の補填の為にある商品なのですが、

 

必要ない保障(命や医療)がついていたりすることで、結局損をしてしまったりしますし、

そもそも増やすという目的であれば、今の場合は他の商品の方が増えるので、

FPセレクトでは入る事をオススメしていません。

 

せっかく子供の為に増やしておくのであれば、効率よく増えてくれるものの方が

いいですよね!?

 

いかがだったでしょうか?

 

学資保険と聞いたことがあっても、なかなか理解しにくいかなと思います。

今回の内容を参考に、ぜひあなたの生活にも生かしてみてください(^^)

 

ご不明点があればお問い合わせくださいm(__)m

 

まとめ

・学資保険の仕組みは積み立てられて少し増えて返ってくるもの。

・学資保険に入ってはいけない落とし穴1:いらない保障がついている。

・学資保険に入ってはいけない落とし穴2:増やす目的であれば他の保険の方がもっと増える。

・学資保険は今増えにくいので、入るべきではな