学資保険に入ってはいけない2つの理由

安全に貯めよう

今回は学資保険にについてお伝えしていきます。

 

あなたは学資保険と聞くと、なんとなく「良いものだよね?」と思うのではないでしょうか?

 

確かにに学資保険は昔から「良いイメージの保険商品」として知られています。

 

何故か良いイメージがあるのかというと、昔の商品には「保険に預けたお金が倍になった!」

 

というものが存在したからです!

 

ですが、今は・・・

 

  • 学資保険に入っても少ししか増えない

だとか

  • 学資保険に入る事で預けたお金が減ってしまった

 

など、学資保険が必ずしも良い商品ではなくなってしまったことをご存知でしょうか?

 

なので、今回は「学資保険をどう考えていけばいいのか?」についてお伝えしていきます。

 

学資保険の満期に少し増えて返ってくる。

そもそも学資保険というのは、その名の通り、「学資=子供の学費の為」の保険です。

 

つまり

「大学などにまとまったお金が必要なので、保険を使って貯めておきましょう。」

というのが学資保険の目的です。

 

仕組みとしては、

 

毎月保険料を払っていくと、保険会社がそのお金を少しづつ増やしてくれ18年後(子供が大学に行くタイミング)に少し増えて返ってくる

 

という非常にシンプルなものです。

 

例えば、

あなたが毎月1万円を12か月、子供が18歳になるまで学資保険に払ったとしたら・・・

 

総額は216万円(1万円×12か月×18年)を払っていることになります。

 

この払った総額216万円が、18年後には230万円(1.06%の増加)のように少し増えて返ってくるのです!!

 

少し増えて返ってくるのであれば、銀行で貯めるよりはいいですよね!!

 

でも今売られている学資保険の中には預けたお金が減って返ってくるものが存在するのです!!

 

なぜ減ることがあるのかというと・・・

 

必要ない保障がついている

それは「学資保険に必要ない保障がついている」からなのです。

 

会社によってももちろん違いはありますが、まず必要ない保障はお子さんの「死亡保障」です。

 

この「死亡保障」は何のためについているかというと、お子さんに万が一があった時のための「お葬式代」です。

 

確かに万が一を考えるとあった方がいいようにも見えるのですが、全く必要ありません!!

 

そもそも死亡保障の概念として知っておくべきことは、

 

「絶対に更新型で契約をしてはいけない!!」ということです。

 

なぜなら「更新するたびに(年齢が上がれば上がるほどに)保険料が高くなってしまうから」です。

 

どういうことかというと、、、

 

基本的に死亡保障というのは「お葬式代」なので、保障としては「一生必要なもの」ですよね!?

 

一生必要ということは「途中で保障が終わってしまう」と、また入り直す(更新する)必要があります。

 

でも保険というのは、保険に加入する年齢が高ければ高いほど、毎月払う保険料は上がってしまうので、

「途中で更新するということは、途中で毎月の保険料が上がってしまう」ということなのです!!

 

なので、そもそも死亡保障というのは、必ず「終身契約」といって一生涯保障してくれる契約をしないといけません!

 

この契約であれば、途中で保険料が上がる事もなければ、一生涯で払う総額も大幅に安くなります!!

 

ですが、学資保険はもちろん終身契約が出来ません!!

 

なぜなら、先ほどお伝えした仕組みの通り、18歳などの満期で契約が終わってしまうからです!!

 

つまり、学資保険という契約に満期があるものに「死亡保障」をつけてはいけないのです!!!

 

これは別の必要ない保障である「医療保障」も同じです。

 

医療保障も若い頃よりも高齢になればなるほど保障が必要ですよね!?

 

つまり「終身契約」が必要なのです!

 

ですが学資保険では18歳で保障が終わってしまうので「お子さんは高い保険料の医療保険に入り直さないといけない」となってしまいます。

 

これは学資保険と一緒に必要ない保障に入ったら「お子さんが損をしてしまう」ということです!!

 

でも、保険会社の人から「死亡や医療保障があった方が安心ですよ?」と言われたら、入った方がいいのかなと思ってしまうと思います。

 

ですが、必要ない保障は絶対に付けてはいけません!!

 

では死亡保障と医療保障に入ろうと思えばどうすればいいのかというと、、、

 

「終身契約として別で契約」をすればいいのです。

 

学資保険と保障を一緒にすることの問題点は、そもそも「満期がある」という学資保険の仕組みです。

 

満期のある保険の仕組みは、一生涯保証が必要な「死亡保障」や「医療保障」には適さないのです!!

 

選ぶべき形は「終身」である

そしてもうひとつ、学資保険に入らない方がいい理由があります。

 

それは・・・

「もっと増えやすい仕組みがある」ということです。

 

そもそも学資保険の目的は、、、

 

「お金を少し増やしておいて学資で使う」

 

ということですよね!?

 

ではもっと増えるものは何かというと、それは「終身保険」です。

例えば、あなたが学資保険に入っていたとすると、増えるのはせいぜい110%

つまり入れた保険料が100万円であれば、それが110万円になって返ってくる程度(+10万円の得)

 

ですが、これが終身保険であれば150%だとか200%に増えるものがあります。

つまり入れた保険料が100万円であれば、それが150万円や200万円になって返ってくる(+50~100万円の得)

 

つまり、お金を増やすという観点でみても「満期がある仕組みは選ばない方がいい」ということです!!

 

 

いかがだったでしょうか?

 

あなたも学資保険に良いイメージがあったかもしれませんが、今は選んでしまうと損をしてしまうかもしれません。

 

今回の内容を参考に、ぜひあなたの生活にも生かしてみてください(^^)

 

ご不明点があればお問い合わせくださいm(__)m

 

まとめ

  • 学資保険の仕組みは積み立てられたものが少し増えて返ってくるもの。

 

  • 一生涯保証が必要な「死亡保障」や「医療保障」は満期がある仕組み(学資保険)にはつけてはいけない。

 

  • 将来的にお金を増やすために学資保険は効率が悪いので、終身保険を選んだ方がいい。