生命保険はいらない!?①

ライフプランをつくろう

今回は生命保険についてお話していきます。

 

生命保険って聞くと「ハイ、ややこしい」と感じてしまいますよね!?

 

ですが、この生命保険を知らずして家計の節約をするというのは

不可能と言っても過言ではありません。

 

なぜなら生命保険は人生におけるムダな出費第1位だからです!!

 

普段の買い物であれば、ちょっと損したなと思っても数千円、多くても数万円だと思います。

 

ですが、この生命保険は、会社や商品を選び間違えると100万円~1,000万円の損をする可能性があるのです!!

 

こんな大きなお金を損したくないですよね!?

 

なので、今回の記事では「生命保険で損しないための考え方」をお伝えします!

 

そもそも生命保険が必要なタイミングって??

まず、そもそも生命保険って何のためにあるの?

という所から考えていくと、、、

 

名前の通り「生命の保険」なので命の保障・・・

つまり「一家の主に万が一があった時に、残された家族にお金の残す為」ですよね!

 

では人生で言うといつ必要になるのでしょうか??

 

実際に人生の一般的な流れから一緒に考えていきたいのですが、、、

まずではもし就職や結婚したタイミングで、一家の主に万が一があったら・・・

 

残された家族がお金で困る事はありますかね・・・??

 

おそらくそんなに困らないですよね!?

 

なぜならたとえ結婚していたタイミングだとしても、奥様がお金に困るかというと、おそらく自分で働きにいきますよね!?

 

つまり奥様だけになってもお金に困って生活できないというのは考えにくいと思います。

 

ではもっと後の老後に、万が一があった場合はどうでしょう・・・

 

この時になれば、もう子供が巣立っていますよね!?

 

なのでおそらくお子さんが助けてくれるので、生活は大丈夫な場合がほとんどです。

 

つまり「生命保険」というものが一番必要なのは・・・

お子さんができてから巣立つまでのタイミングですよね!?

 

確かに子供が生まれたばっかりのタイミングとかであればなおさら、奥様1人ではお金に困りそうです・・・。

 

ですが実は!!

この一番必要なタイミングでさえ、生命保険は基本的に必要ないんです!!

 

なぜなら・・・

 

このタイミングに一家の主に何かあったら「国からの補助が十分あるから」です!!

万が一には遺族年金がずっと入ってくる

これは実際に万が一のシュミレーションをしてみる分かるのですが・・・

 

下の図のように35歳の夫婦で、子供が2人いたとしましょう。

このタイミングで旦那さんが不慮の事故でなくなってしまった・・・。

 

こうなったら奥さんはピンチですよね・・・。

 

ですが、実際にはこのタイミングで旦那さんが会社員の方であれば、

払っていた年金が「遺族年金」という名前を変えて入ってきます。

 

これはお子さんの数によって金額が変わるのですが、子供が2人の場合は年間約120万円が入ってきます。

 

しかもこれはお子さんが18歳になるまでずーーーっと入ってきます。

 

さらに、会社員であれば厚生年金も払っているので、これが「遺族厚生年金」として年間約20万円~30万円ぐらい入ってきます。

 

つまり、年金だけでもお子さんが18歳になるまで年間140万円~150万円がずっと入り続けるという事です。

 

万が一にはマイホームがチャラになる!!

さらに・・・

もしこのタイミングでマイホームを買っていたとなると、ローンが残ってしまうのが不安ですよね!?

 

ですが、一般的にマイホームを購入するときは一家の主に何かあった時に残ったローンがなくなるように「団体信用生命保険」という保険に加入します。

 

つまり、もしマイホームを持っていた場合は、ローンがなくなり、残った家は奥様と子供のものになるという事です!!

もちろん残った家に、そのまま住んでもいいですが、ほとんどの場合は、お子さんを見てもらうために実家に帰ります。

 

なので、家をもっていた場合は、その家を売っているか貸しているかの収入(年間約120万円)が入ってきているという事です。

 

さらに、実家に帰ると子供の面倒を見てもらえる分、奥様はパートに出れます。

 

なのでどんなエリアであれ、だいたい月8万円、年間100万円の収入は確保できると思います!!

 

生命保険が一番必要なタイミングでも生活はできる

ということはまとめると・・・

 

子供が若い時に一家の主に万が一があったとしても、

 

  • 子供が18歳になるまで入ってくる「遺族年金」「遺族厚生年金」(年間140~150万円)
  • 実家に帰って、自分でできるパートの収入(年間100万円)

 

2つの合計で240万円~250万円が確実に入り続けるということなのです!!

これに、さらにマイホームを持っていたら、売っているか貸しているかのお金(年間約120万円)がプラスまでされます!!

 

たとえマイホームを持っていなかったとしても、年間240万円~250円なので、だいたい月20万円ぐらいの生活なんですが、これって生活できないですかね!!?

 

生活はできますよね!!

 

つまり、生命保険が一番必要そうなタイミングであれ「生命保険がなくても生活はできる」ということなのです!!

 

でもほとんどの人は、保険の営業マンから生命保険は必要と聞いているので、

これを知らずに「生命保険は必要だ」と勘違いをして高い保険料を払っています!!

 

そんな、ただ知らないだけで大きなお金を損したくないですよね!?

 

では生命保険は「何の為に」入る必要があるのか?

 

それは次回の記事でお伝えしますね(^^)

 

 

いかがだったでしょうか??

生命保険と聞くと「なんとなく必要なのかな?」というイメージはあったかもしれませんが、実は生活の上では「必要ない」ものだったのです。

 

今回の記事を参考にあなたも大きな損をしないようにしてくださいm(__)m

 

まとめ

  • 生命保険が一番必要なタイミングは子供が若い時に一家の主に万が一があること。

 

  • 万が一があっても、年金で年間140~150万円が子供が18歳になるまで入ってくる。

 

  • もしマイホームを持っていたとしたら、ローンはなくなり、年間約120万円の収入になる

 

  • 生命保険は一番必要なタイミングでも生活はできるので必要ない。