医療保険は入らない方が良かった??①

ライフプランをつくろう

今回は医療保険についてお伝えしていきます。

 

医療保険と言えば「入っててよかった」というCMイメージがすぐ出てくるのではないかなと思います。

 

ですが実際、多くの人が入らない方が良かった(損をしている)という真実をあなたは知っているでしょうか!?

 

えっ!?

と思われるかもしれませんが、実は医療保険は「平均で100万円ぐらい損している人」がほとんどなのです!!

 

自分はそんなに払ってないし・・・と思っている方も多いのですが、知らぬ間に100万円なんて大きな金額を損なんて絶対したくないですよね!?

 

なので今回は「医療保険で損しない為の正しい考え方」についてお話していきます。

 

医療保険は総額で200~300万円払う

まずそもそも医療保険は名前の通り「医療の保険」なので、ケガ入院の時の補償です。

 

ただ医療保険と言っても、いろんな補償をしてくれるタイプがあり、、、

 

  • ガンに備える「ガン補償」
  • 手術に備える「手術補償」
  • 3大疾病に備える「3大疾病補償」
  • 女性特有の病気に備える「女性疾病の補償」

 

など多種多様に存在します。

 

ですが、こういった内容は基本的に、医療保険の基本補償に追加でつける場合がほとんどです。※特約といいます。

 

なのでそもそも医療保険に入るというと、基本補償は「入院費用の補償」です。

 

よくCMでは「入院1日1万円」といったフレーズを聞いた事があるかと思いますが、あれがまさにそうです。

 

あなたが入院した時に「1日の入院に対していくら」という補償が保険会社からもらえるのです。

 

この補償をもらうために毎月3,000円だとか、4,000円だとかの保険料を払っているのですが、生涯ではいくら払うのかってご存知ですか??

 

実は、、、

どんな方でも生涯で「約200万円~300万円」の保険料を払います。

 

「200万円~300万円」と聞くと、すごい大きな出費ですよね!?

 

なので医療保険を考えるときには、この「払う総額」と保険会社から「もらえる補償」を比較する必要があります。

 

そもそもそんなに入院できない

では次に出てくるのは・・・

 

「もらえる補償」は生涯でどれくらいになるのか?

 

という部分です。

 

もちろん「もらえる補償」とは「何日入院するのか」で決まります。

 

つまり、先ほどの「生涯払う保険料」よりも保険会社から「もらえる補償」が多ければ、医療保険に入る価値がある(入ってて良かった)という事ですよね!?

 

生涯払う保険料は「200万円~300万円」で、もらえる補償は「入院1日1万円」と考えると、

 

単純計算でも「200日~300日以上入院」をすれば入ってて良かった!

 

という事になります。

 

でも200日の~300日の入院って・・・

 

あなたは生涯でそんなに入院できますかね!?

 

イメージしてみてもなかなか難しいですよね・・・。

実際に生命保険文化センターが出している資料に「各年代での平均入院日数」というのがあります。

 

生涯での入院日数が何日かというデータはないですが、各年代の平均入院日数は

 

  • 30代 15.5日
  • 40代 15.0日
  • 50代 19.7日
  • 60代 22.6日

 

つまり、60代でも30日を超えていないんです!!

 

これはあくまで、病気やケガになった人の入院日数なので、もちろん「そもそも入院してない人」も多くいます。

 

あくまで、ケガや病気で入院をしてしまった人が数がこの数字なのです。

 

つまり、この数字が表しているのは「何歳になってもそんなに入院できていない」という事です!!!

 

「なぜ入院できないのか」ということには2つの理由が考えられます。

 

1つの理由には「治療技術が進歩している」ということが言えます。

 

これは今後も進歩していくので、より入院日数は減っていくと思います。

 

さらに2つ目の理由は、

 

DPCという「入院日数が増える事により病院の診療報酬が下がる」という国の制度があります。

 

この制度は、病院側として「長く入院させると病院の収入が下がってしまう仕組み」になっているので、どうしても「長く入院させ続けられない」のです。

 

国の体制として今後、この制度が変わるとも考えにくいですし、医療の技術進歩の事も含めると、おそらく今後も入院日数は減っていく可能性が高いと思います。

 

ということは、あなたが払った医療保険の総額200万円~300万円を入院により取り返すというのは「限りなく難しい」という事です。

 

つまりCMでやっているような「入ってて良かった」というイメージは、入院でもらえる補償だけでは「入ってて良かった」とはなりにくい

 

ということです。

 

でも、入院では取り返しにくくても「手術など別の補償があれば」やっぱり「医療保険に入ってて良かった」となるのでは?と思うかもしれません。

 

実は、入院以外の補償があったとしても「医療保険に入ってて良かった」とはなりにくい事実があるのです!

 

それは、次回の記事でお伝えしていきます(^^)

 

 

いかがだったでしょうか?

 

CMで見た事ある「良いイメージ」の医療保険も正しい事実を知っていくと、自分に本当に必要か分かっていきますよね!?

 

正しく知れば100万円は得する情報なので、あなたの生活にも活かしてみてくださいm(_ _)m

まとめ

  • 医療保険の保険料は誰でも総額で200万円~300万円払う

 

  • 医療保険は「払う総額」「もらえる補償」を比較する必要がある

 

  • DPCや医療技術の進歩により、今後も長期の入院はしにくい

 

  • そもそも「そんなに入院できない」ので、医療保険に「入ってて良かった」となるのは難しい