投資信託は簡単!?

賢く増やそう

今回は、投資信託の基本的な部分についてお話していきます。

あなたは「投資信託」と聞くと、

「ややこしそう!」だとか「難しいのでは?」

と勘違いしてしまっていませんか!?

 

確かに「投資」という言葉が入っているとどうしても「難しそう」
となってしまうのですが、実は全然そんな事ありません!!

 

 

実は投資信託は正しく知ったら小学生でも分かるぐらい簡単なのです!!

 

なので、今回の記事で正しく理解していてくださいm(__)m

 

そもそも投資信託って・・・?

 

まず投資ということ自体がイメージしにくいと思いますので、

自分で投資をするということを一度想像してみてください。

例えばあなたは今から100万円というお金を銀行では増えないので、
投資しようと考えているとしましょう。

・100万円ぐらいの資金で会社の株を買う

ex)これから価値(株価)が上がっていきそうな会社を予想して買ってみる!

 

・100万円ぐらいの資金で社債を買う

ex)つぶれない限り増えて返ってくるのが社債なので、安定している上場企業を選んで社債を買ってみる!

 

・100万円ぐらいの資金で不動産を買う

ex)少子化だけど人が増えそうな地域のマンション一室の一部を買ってみる!

 

このようにどこかに投資することになると思うのですが、
例えば100万円をどこに投資をしてみたらいいかって考えるの難しくないですか??

 

会社の業績が悪くなって株や社債で損するかもしれないし、
不動産もどこがいいか考えるの難しいですよね!

 

なので、これをプロがやってくれるのが「投資信託」なのです。

 

その名前の通り
投資信託とは「投資するお金をプロに任せる(じてす)金融商品」

なのです。

 

こう聞くと簡単ですよね。

 

では、実際にはどんな形で投資信託ができているのかというと・・・

 

投資信託に出てくるのはたった3社

販売会社

簡単に言えば小売店。そこで商品を創っているわけではなく、商品を仕入れて販売している会社です。

一般で言えば、コンビニ家電量販店のこと。

 

委託会社

簡単に言えばメーカー。ここで商品を創って販売会社に卸しています。投資信託では一番大切な仕事をしている。

一般で言えば、ソニーとかパナソニックのこと。

 

受託会社

簡単に言えばお金の管理役。運用の方法には何も関与せず、ただお金の管理だけをしている。

※分別管理は金融商品特有のものです

 

投資信託に出てくるのはこのたった3社だけなのです。

この構造は僕たちが家電を買う時をイメージしてもらうと分かりやすいです。

 

例えばなにか家電を買おうと思ってもソニーやパナソニックに行かないですよね?

 

まずは家電量販店(販売会社)に行って、そのメーカー(委託会社)の商品を見ますよね?

 

それと全く同じです。

まずは、委託会社(メーカー)が商品を創り、販売会社(家電量販店)がそれを仕入れます。

その仕入れた商品を私たちが見て購入するという流れです。

 

 

ただ唯一違うのは、こちらが預けたお金が販売会社(家電量販店)にも委託会社(メーカー)にもないということです。

 

これは、金融商品取引法で必ず資金を分別管理しないといけないという風に決められているので、あなたが預けたお金は別管理で受託会社にいきます。

 

じゃあこの受託会社は何をしているかというと、委託会社(メーカー)より指示を受けて、指示通りにお金を動かしています。

 

つまり、全体の仕組みからわかる事は、販売会社はメーカーから仕入れたものを販売しているだけですし、受託会社はメーカーの指示通りに動くだけという役割なのです。

 

なので、投資信託において一番大切なのは仕事をしているのは家電等と同じく商品を創っているメーカー(委託会社)なのです。

 

簡単に言うと、委託会社(メーカー)の仕事の質が低ければ損してしまいますし、質が高ければ得するということです。

 

でもこれが家電であれば、メーカーが見えやすいですが、

投資信託のメーカーというのは非常に見えにくいですよね!?

 

なので実際には、販売会社の営業マンの言っていることを信じるしかない

というような状況になってしまっている場合が多いのが現状です。

 

じゃあどうすればいいかというと、

投資信託を選ぶにはこの委託会社(メーカー)の出している情報を自分で見れるようになるということが大事になってきます。

 

そして実際にこの情報を見れるようになるのは、本当に小学生でもできるぐらい簡単なのです。

※投資信託の見分け方については○○の記事をご覧ください。

 

このようにややこしそうに見える投資信託の仕組みでも、普段の生活に置き換えたらすごく簡単ですよね!?

 

 

いかがだったでしょうか?

 

投資信託と聞いたことがあっても、普段の買い物で考えれば少し簡単に感じれたのではないでしょうか?

今回の内容を参考にぜひあなたの生活にも生かしてみてください(^^)

 

ご不明点があればお問い合わせくださいm(__)m

 

まとめ

・投資信託とは「投資するお金をプロに任せる(信じて託す)金融商品」

・投資信託は委託会社(メーカー)の情報を見れるようになればいい。

・投資信託は普段の買い物でイメージすれば簡単